カニの名産地といえば...

蟹の名産地といえば全国にいくつかありますが、日本一の知名度を誇っているのは、北海道であることに異論はないでしょう。

色々な種類の蟹が日々水揚げされている北海道。

他の地域で獲れる蟹にも美味しいものは多くありますが、そうしたケースを差し引いても、トータルではやはり北海道に軍配が上がるでしょう。

しかし、実際に北海道に行ってみると、日本国外で獲れた蟹が北海道で売られているケースが少なくないので、ちょっとびっくりします。

皆さんの中には、蟹通販を利用した経験がある方も多くいらっしゃると思います。

でも、お店ではなく通販で買った蟹がそんなに美味しいのかどうしても疑問が残るという人もいるでしょう。

少し前であれば、通販は店頭販売より一段劣るものといわれ、通販で良い蟹が買えるという話はそう簡単には信じられませんでした。

ところが、ここ最近では本当に質の良い蟹を通信販売で扱う店舗が増えてきたのです。

もし間違った選び方をすると本来は美味しいはずの蟹の良さが味わえないことになります。

美味いカニを堪能するには、正しく蟹を選ぶ方法を知っておくべきでしょう。

いいタラバ蟹の見分け方、それは重さのチェックをすることが一番に調べるべきことです。

その他にも、甲羅の汚れ具合も大事で、きれいなものではなく、硬さが硬く、汚れているものを選びましょう。

急速に広まった蟹通販。

蟹通販で蟹を購入する利点として突出しているのはなんといっても、北海道などの名産地から直送の蟹を手軽な手段で購入できるという部分ではないでしょうか。

ここで店頭販売の蟹のことを考えてみると、なかなか「産地直送」とはいかず、完全に新鮮なままとはいきません。

つまり、本当に新鮮な蟹を求める方なら、通販を利用して、漁場から直接蟹を取り寄せるのが最もよいでしょう。

蟹のシーズンは冬というイメージがありますが、蟹って季節を問わずいつでも収獲できるわけではありません。

省令によって解禁日が決められています。

皆が好き勝手に獲っていると水産資源が枯渇してしまうので、蟹の解禁日がおおむね秋頃に設定されており、それから翌年春頃までの期間しか蟹漁はできないという取り決めになっているのです。

蟹の旬を逃さないためには、漁解禁の情報をニュースやネットで知っておくことが大事だと覚えておきましょう。

一番多く売られているのはかにの脚肉ですが、通の味は、何といっても味噌でしょう。

味噌のおいしさを堪能したいなら、もっぱら毛蟹に尽きるようです。

特有のこってりした味噌こそが冬の楽しみにしている方が多いでしょう。

そんなにひんぱんに毛蟹を食べられないという方には、一度ワタリガニの味噌に挑戦してください。

毛蟹よりは小ぶりですが、味噌は納得のおいしさです。

かにの産地の特集を、年末にテレビで観て、かに通販の話もしていて、これが、量もたくさん、大きくておいしそうだったのです。

送料無料も気に入って、初めてのかに通販に挑んでみました。

とはいえ、生鮮食品の通販は初挑戦だったため、どんな商品かなと半分心配、半分わくわくしていました。

実際届いたかにはテレビの通り、ぎっしり身が詰まっていました。

食べてみると濃い味で、家族もお客様も大絶賛でした。

今年も同じところから買おうと考えています。

プロも認める、活き蟹の上手な捌き方を皆様に伝授しましょう。

最初はお腹が上になるように蟹をまな板の上に置き、腹部にあるはかま(ふんどし)に指をかけ、これを剥がしていきます。

次いで、包丁の手元の部分を使い、お腹の真ん中に切れ込みを入れます。

腹に入れた切れ目を中心に、足を甲羅から外します。

ここは結構力が要ります。

この手順のとき、胴についたひだ状のエラや薄膜を指で外しておくといいでしょう。

蟹みそがこぼれやすいので、あらかじめかき出して甲羅を入れ物にしておきましょう。

最後は、食べるときのことを考え、包丁やハサミを使って脚を関節部分で切り離しておき、食べるときに身を出しやすいように、表面に切れ目を入れておくのが上手な調理の仕方です。

今では蟹を買うのも通販が主流。

蟹通販なら、いつでも新鮮な蟹を手軽に取り寄せることができ、とても便利です。

ですが、広まってきたということはそれだけ多くの業者が参入しており、どこで買うかによって価格や送料が大きく異なるため、どこから買ってもいいというものではありません。

楽天市場などのECサイトや、一般の検索で探せば、中には他より大幅に安い業者もあります。

しかし、激安を謳う業者には怪しげなところも多いですから、蟹の品質、そのお店の信頼性などの項目を確認するクセをつけましょう。

これからの時期が最も美味しい蟹。

旬の蟹を最も楽しめる食べ方は、たっぷりのお湯で茹でる茹で蟹、そして蟹鍋を推させてもらいます。

蟹好きの食通たちの間では常識です。

中には、蟹しゃぶや蟹刺しを推す人もいるかもしれませんが、生のままという特性上、鮮度が落ちると味も良くありません。

そこで蟹鍋や塩茹でがオススメになるわけです。

これらの食べ方なら、そこまで新鮮ではない蟹でも美味しく頂くことができます。

この食べ方なら、もし味に物足りなさを感じたとしても定番の土佐酢はもちろん、醤油やポン酢など付けるものを工夫すればたちまち美味しくなります。

かにのおいしい時期、かにを食べたくなったときは「かに 通販」でネット検索し、産地からの直接販売をぜひお試しください。

かにはどこで買っても同じだと思う方もいらっしゃるでしょうが、産地直送も、ネット上なら難しくはありません。

掘り出し物のお値打ち価格のかにが結構見つかります。

交通費を払って産地に買いに行くより、通信販売に挑戦してみればお財布もお腹も満足できます。

現在、多くの業者が「ワケアリ」の蟹を取り扱っています。

本記事でもあえて皆様にお勧めしているのにはちゃんとした理由があるのです。

まず、普通のお店で蟹を買うとすると、いわゆる「ワケアリ」商品は出てこず、普通の値段で普通の蟹を買うだけであり、代金についてトクをするのは難しいですよね。

一方、蟹通販の場合、商品の見栄えを気にしなければ、キズモノの蟹を訳ありの品として普通より安く売っていることがあるので、確かに蟹の味自体には影響しませんから、考えようによっては大変お得です。

シーズンになると、大手ショッピングサイトでも、かに通販がびっくりするほどたくさんあります。

通販で食品を買うのは難しく、どこから買えばいいのか迷う人がたくさんいるのは仕方ないでしょう。

おいしいかにをネットで一から探すのは大変、そういう方のためにテレビ通販があるのです。

一年中あるわけではありませんが、テレビ通販のかには多くの人から高い評価を得ているものがほとんどで、届いてがっかり、ということはまずありません。

かに特集をうまく見つけられれば、最良の購入方法です。

テレビ通販会社のホームページから買えるところもあります。

現在では、蟹を買うのに専門の店まで出向く必要はありません。

蟹通販を利用してお店で売っているのと変わらない蟹を取り寄せることが可能です。

蟹通販は大変便利なので私もよく利用しています。

しかし、現在では蟹通販を扱う業者も多数におよび、そのすべてが信用できる商売をしているとは限りませんから、どこの業者を利用するかは気をつけて選ばなければなりません。

本当に新鮮な蟹を売っている業者は限られています。

「産地直送」を明記している業者に絞って探しましょう。

とにかく慎重に選ぶことです。

業者の質により、蟹を楽しめるかどうかが決まると言ってよいでしょう。

渡り蟹という種類を聞いたことがあるでしょう。

これは横長の体を持つ蟹で、正式にはガザミといい、最も代表的な漁場は瀬戸内海ですが、その他、大阪湾や有明海、三河湾など浅い内海に分布しており、底引き網や刺し網で漁獲されます。

15センチから30センチほどにもなる大きな甲羅を持つ蟹で、特にメスの卵巣が格段の美味として知られ、また蟹ミソや身の肉も美味しいので、各地で食用蟹の代名詞として愛されてきた歴史があります。

渡り蟹は調理法の多彩さでも知られ、塩茹でにしたり蒸したりする方が多いようですが、蟹汁に使われたり、最近ではパスタのレシピにもよく登場します。