住宅ローンを組むときはフラット35金利がお得?

住宅ローンを組もうと思ったら金利が気になるものです。
住宅ローンの金利をわけると固定金利と変動金利の2種類があります。
どちらを選ぶかはその人次第で、銀行側からはオススメなど一切何も言われません。
一般的には固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いです。
また、金利のタイプによって審査が違ってくる。
といった事はなく、公平な審査の元で行われます。
固定金利・変動金利どちらが良いか迷った時は、その銀行の金利の推移などをチェックすると良いでしょう。
将来に備え住宅のご購入を考えていらっしゃる方も多いと思います。
購入する為にはまず住宅ローンを組まなくてはいけません。
住宅ローンは信用金庫・ネットバンク・銀行などが承っています。
住宅ローンには金利・審査・諸費用が必須です。
審査にかかる時間は約1週間ほどです。
ローン金利は契約が終了した月の物が採用されます。
諸費用の計算は、借入金額によりますが数百万単が一般的です。
マイホームが欲しい!と思っても自分の物になるまでこれらの内容を1つ1つこなしていかないといけません。
契約終了には約3.
4カ月かかる事が多いです。
住宅ローンの中には、フラット35という名前のローンがあります。
最大の特徴としては、35年間支払いが変わらない。
という点です。
世の経済状況に左右されることなく、一定の額の支払いで良い。
という点はこのメリットにより、近年申し込みをされる方がグンと増えてきたローンですが審査が少し変わっています。
フラット35のローン審査は、一般的な物と少し目の付けどころが違います。
一般的なローン同様、重要視されます。
それに加え、フラット35の場合、住宅の価値が問われます。
担保として十分かどうか、という点を重視する。
という事です。
逆に価値がないと判断される住宅は審査が通りにくいという事になります。
長年住宅ローンの支払いをしているとまとまった現金が出来る時もあるかと思います。
そんな時は、繰り上げ返済を検討する事をお勧めします。
繰り上げ返済といのはいつものローンとは別のもので、ある程度まとまった現金を返済するやり方です。
繰り上げ返済をすれば、ローンの元の金額を減らす事ができますので、借入額を減らす事ができます。
借入額が減るので、月々の返済も楽になります。
繰り上げ返済をする際に手数料がかかる銀行もあります。

フラット35金利のランキング!金利一覧で比較!【イチオシ銀行は?】